サインバルタ

サインバルタは画期的なSNRI

仕事や家事や育児等は、適度に忙しければ充実した人生に成ることが多いと考えられますが、それが度を超せば「過ぎたるは及ばざるが如し」というように、心身にダメージを抱えてしまい、ある時を境にしてまるで何時も使用している機械が故障をしてスイッチボタンを押しても、唸りを上げて動き出さないようになり脳の機能がダウンしてしまったような感覚に襲われます。

 

 

ここの所、非常に疲労感が溜まりまくっているとは言え、仕事が出来ないというわけではありませんでした。

 

 

この状態で、今まだ目をつぶっても出来ていたような、レベルの事まで出来なくなってしまっています。

 

 

これでは、新人と同じか新人以下の能力しか発揮出来ていません。

 

 

特に、システム・エンジニア等の頭脳を目一杯酷使するような仕事ではありがちのようで、上司から早々にメンタルクリニックへ行きなさいと命令され、インターネットで最も信頼性の高いであろうクリニックに行き、症状を話すとそれはうつ病の入り口であると言われるでしょう。

 

 

そして、抗うつ薬と抗不安薬あるいは抗うつ薬を飲んだ時に胃腸の状態を荒らす場合には、胃腸薬が併用される事が一般的です。

 

 

また、数週間は休職をとるようにして下さい、と言われてしまいます。

 

 

抗うつ薬というのは実に沢山の種類があるのですが、最近になって非常に効果の高い「サインバルタ」という薬が販売されました。

 

 

サインバルタは第二世代のSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)という、考えの基に作られていたものでありますから、今後のうつ病のスタンダードとなりえましょう。

 

サインバルタ(Cymbalta)抗鬱薬 人気おすすめ!

新しくこの世に現れた抗うつ薬は、治験という多くのうつ病を患っている方々の協力によって市場で販売する事が出来ます。

 

 

病院に入院している方の事は良く知りませんが、新たな抗うつ薬は外来の患者さんには発売されてから1年間経過しないと出せないというルールになっているそうです。

 

 

この薬は、2色で出来たカプセル錠で日本では、20mg錠と30mg錠があります。

 

 

最初は20mg錠で試していき、徐々に日本では最高60mgまで挙げられます。

 

 

もちろん、少ない容量で効果があれば、何の問題もありません。

 

 

私がサインバルタを服用した時の感覚としては、今まで試していた幾つかの抗うつ薬とは著しく異なり、まるで雲ひとつない快晴の空中を手足を思いっきり伸ばして、飛行しているようなイメージです。

 

 

どこまでも続く地平線が続き、永遠にこの状態が続く事を願うような、かなり効き目の強い薬の様です。

 

 

サインバルタがユニークなのは、うつ病だけにとどまらす糖尿病性神経を患っている方にも有効な事です。

 

 

噂話では、IT業界のシステム・エンジニアは次々とうつ病にかかり、業界を去っていくという話は聞く話を良く聞きます。

 

 

サインバルタの登場で、現状を打破してくれる薬であると確信しております。

 

抗鬱剤の一つサインバルタは比較的新しい薬です

どうもやる気が出ないとか、なかなか元気が出ない、鬱状態の場合はその様な感じになる事も有ります。

 

 

こうなってしまう原因としては、アドレナリンやセロトニンが不足してるというのもひとつ挙げられるのですが、サインバルタはそれらの量を増やす働きが期待できる薬です。

 

 

その為、落ち込んでいた気分が高揚し、鬱状態が軽減されます。

 

 

ただ、鬱の場合はそれ以外にも症状が出ている事が少なくありません。

 

 

その為、この薬を処方する時はそれ単体での場合もありますが、他の薬と併用する事も有ります。

 

 

サインバルタは基本的に食後に服用する薬です。

 

 

食欲がなくて何も食べたくない時でも、何かを食べてから服用する様にしましょう。

 

 

空腹時に服用すると副作用が出やすくなってしまうので危険です。

 

 

(副作用としては、発疹・むくみ・蕁麻疹等が起きる可能性があります)また、強い副作用が出た時は、医師に相談し、続けるか辞めるかを決めます。

 

 

ところで、サインバルタの様な抗鬱剤は、数回服用しただけで効果が出てそのまま服用をやめても良いという薬ではありません。

 

 

ある程度の期間服用を続ける必要があります。

 

サインバルタの注意点

またすぐに効果が発揮されるわけではなく、ある程度の期間は様子を見ておかなければいけません。

 

 

その為、すぐに効果が出てこないからと言ってその薬は効かない、ダメだと判断して、自分で服用をやめてしまわないようにしましょう。

 

 

時にはそれによって鬱の状態が悪化をしてしまったり、その治療に要する期間がより長くなってしまう事があり、注意が必要です。

 

 

ただ、女性の場合、長期間服用していると、途中で妊娠する可能性もあります。

 

 

もし妊娠が発覚したら、そのまま服用すると胎児に影響を及ぼしてしまう可能性も否定できないので、まずはその薬を処方している病院、そして産婦人科の両方に相談する様にしましょう。

 

 

また、授乳中も母乳にその成分が移行してしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

 

どちらの場合も自分で判断をせずに、まずは病院で相談する様にしましょう。

 

 

ちなみに、多くの人が感じる事がある症状の一つが眠気です。

 

 

どうしても服用すると眠くなってしまう事があり、自分の意思とは関係なしで寝てしまう事も有るので注意しましょう。

 

 

その為、この薬を服用している人は基本的には車の運転、危険な作業、激しい運動は控えるべきです。

 

 

(医師の指導で禁止された時は無理にこれらを行ってはいけません)またアルコールの摂取により、効果を感じすぎる事になるので、この薬を服用している間は禁酒を心掛ける必要があります。