サインバルタ 眠気

進化形の抗うつ剤サインバルタ

全世代を通じて、うつに悩む方が増えています。

 

 

政府も何か対策を打たなければならないと感じたのか、テレビCMなどで盛んに医療機関への受診をすすめています。

 

 

精神科や心療内科に受診したとしても、多くの場合抗うつ剤を処方されるだけという方が多いようです。

 

 

抗うつ剤により意欲の回復が見られる場合が多いのですから、それなりの効果を期待することができますが、これまでの抗うつ剤にいくつかの副作用がありました。

 

 

その副作用としては、強い眠気、食欲増進、便秘などがあげられます。

 

 

サインバルタは、これらの副作用が軽い、もしくはまったく感じない方もいるくらいです。

 

 

抗うつ剤を飲むのは抵抗はないけれど、強い眠気を感じるのだけはどうにかしたい、便秘が苦しいという方は、サインバルタの登場によりその副作用に苦しめられることが少なくなったと喜ばれています。

 

 

国内で二番目に承認されたセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)であるサインバルタは、ノルアドレナリン作動性神経・セロトニン作動性神経の二つにのみ効果のある医薬品であるため、他の神経に作用することが少ないため、このように副作用が軽く済むわけです。

 

 

仕事をしながらうつと闘われている方にとって、このような薬が登場したことは朗報でしょう。